子育ての方法や考え方

完璧主義にならない

子育てを行う上で気を付けたいポイントとしては、子育てを完璧にしようと考えないことです。子育てを完璧に行おうと意気込んでしまうと、他の子と比べてうちの子は落ち着きがないであるとか、人見知りが激しいなどと自分の子供の欠点ばかりに目がいってしまいがちになります。そうなると、、自分の思い通りにいかないことがあるとついイラッとしてしまったり、ストレスを抱えてしまったりしてしまいます。ストレスを溜めながら子育てを行っていくと、子供にもプレッシャーとなりますし、自分の親が楽しそうでないことに子供は敏感に反応しますので、辛い気持ちを抱いてしまうでしょう。

自分のことで親がストレスを抱えているという印象を子供に与えてしまうと、子供が萎縮してしまいます。子供は親を悲しませたくないと感じ、自分の思っている感情などを抑えつけたりしてしまいます。すると、そのうち子供も強いストレスを感じるようになってしまうので非常に悪循環へと陥ってしまいます。そうならないためにも、どこかでなんとかなるというような楽観的な姿勢を持ち、こうでないといけないという完璧主義を捨てるように心がけましょう。そうすることで結果として子供ものびのび自分を表現しやすくなりますし、親としても子育てを楽しむ余裕が生まれるでしょう。